緑黄色野菜は免疫力改善になる

緑黄色野菜は免疫力改善になる

緑黄色野菜は免疫力改善になる 食事には免疫力を高める食べ物が色々ありますが、その中でもキノコ類やビタミンも免疫を高める効果があります。ビタミンAは動物の肉やベータカロチンという色素の形で緑黄色野菜に多く含まれています。ベータカロチンはプロビタミンAと呼ばれ、ビタミンになる前の姿をし、人の体内でビタミンAに変わります。ビタミンAが欠乏してしまうと、夜盲症や、目や皮膚が乾燥したりします。ごく初期の気管支ガン患者さんに、タバコを止めさせてビタミンAwo処方したところ、ガン細胞がなくなったという例もあります。このビタミンAの免疫力向上効果は、ガン細胞の研究から発見されています。

ビタミンAやナチュラルキラー細胞を増やし、それらがガン細胞を退治する能力を引き上げることが分かっています。ただし、ビタミンAは、ビタミン剤や薬剤などで大量に摂取すると副作用がありますが、食事としてとる分には、腸内の吸収があまりよくなく、徐々にビタミンAに変わるので食事では影響はありません。特にベータカロチンが多い食材はカボチャやニンジン、ホウレンソウなど、濃い色の緑黄色野菜に含まれていますので、これらを毎日食事の中に摂りいれることで免疫力改善につながります。


Copyright(c) 2014 緑黄色野菜は免疫力改善になる All Rights Reserved.